3月20日の今仕込む急騰株

2018/03/19 18:10

ドーン<2303> 1779 +300(+20.28%) 03/19
商用ドローンが政府による規制緩和の前倒しで本格普及するとの思惑が、物色人気の背景にある。同社はGIS(地理情報システム)クラウドソリューションで業界に先駆、防災・防犯分野で使われる空間情報技術を提供するクラウドサービス分野でも実績を重ねている。きょうは全体相場が軟調ななか中小型材料株の下げもきつくなっているが、そのなかで異彩を放つ動きとなった。

フジコー <3515> 3845 +10(+0.26%) 03/19
18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比2.0倍の3億2400万円に急拡大し、通期計画の3億7500万円に対する進捗率は86.4%に達し、5年平均の44.0%も上回った。
会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比53.2%減の5100万円に大きく落ち込む計算になる。

<5758> FCM +700(+20.11%) 03/19
18年3月期業績予想の上方修正と期末配当の増額を発表している。営業利益見通しは従来の4.90億円から6.30億円(前期は2.86億円)へと引き上げた。昨年12月に続き2度目の上方修正となる。安定稼動による量産効果に加え、取り組みを進めてきた製品群の集約や人員配置の最適化も利益を押し上げる要因となっているようだ。期末配当予想は1株当たり56.00円から72.00円(同32.00円)に修正している。