3月30日の今仕込む急騰株

2018/03/29 18:10

アニコムHD <8715>
同社と富士フイルムホールディングス<4901>傘下の富士フィルムの共同出資会社である「セルトラスト・アニマル・セラピューティクス」(横浜市)は「動物への本格的な再生医療をスタート」したと発表した。具体的には、セラトラスト社は犬の眼疾患である難治性の乾性角結膜炎(KCS)を対象に細胞を用いた治療法の有効性を確認した。今回確立した治療法を用いた診療をセラトラスト社の「動物再生医療センター病院」で28日から開始した。

NTTデータ <9613>
岩井コスモ証券は28日、同社株の投資判断を新規「A」でカバレッジを開始した。目標株価は1500円としている。同社はシステムインテグレーター(SI)専業の国内最大手。「働き方改革」などに取り組む企業のIT投資増加が追い風に働くと指摘。ホワイトカラーの事務作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)製品の拡大にも注目している。海外事業を牽引役に中期的な成長が期待できるITサービス企業として高評価している。

北の達人 <2930>
北の達人コーポレーション<2930>が4日続伸で上値指向を強めてきた。720~730円近辺で収れんする5日・25日移動平均線を上に抜け、今月19日につけた戻り高値818円も意識される局面にある。健康食品や化粧品の通販を展開するが製造は外部委託ながら自社で企画しており、顧客ニーズに沿うものしか作らないというコンセプトが特長で、品質の高さを背景にリピーターが多い。また、独自のマーケットデータベースによる分析で高効率な経営を行い業績拡大が顕著となっている。18年2月期は本業のもうけを示す営業利益が前期比2.6倍の14億1600万円を見込んでいる。