11月5日 今が買いの上昇が期待銘柄

2018/11/5 17:10

 西部電機 <6144>
19年3月期の連結経常利益を従来予想の20.3億円→29.1億円に43.3%上方修正。従来の7.8%減益予想から一転して32.2%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。中国向けに高精度な放電機械の販売が伸び、売上高が計画を12.3%も上回ることが利益を押し上げる。予想PERが12.8倍→9.1倍に低下し、割安感が強まった。

TDK <6762>
19年3月期上期(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比30.6%増の577億円に拡大して着地。スマートフォン向け二次電池が拡大したほか、電装化が進む自動車市場向けにコンデンサーの販売も伸びた。円安効果も収益を押し上げた。
業績好調に伴い、通期の同利益を従来予想の980億円→1140億円に16.3%上方修正。増益率が9.1%増→26.9%増に拡大する見通しとなった。併せて、今期の年間配当を従来計画の140円→160円(前期は130円)に増額修正した。

元気寿司 <9828>
19年3月期上期(4-9月)の連結経常利益は前年同期比51.6%増の14.4億円に拡大して着地。国内既存店売上高が好調に推移したうえ、食品廃棄ロスの削減や減価償却費の減少も利益を押し上げた。米国子会社の業績回復による原価率改善で海外事業の採算が大きく向上したことも大幅増益に貢献した。併せて、今期の年間配当を従来計画の16円→30円(前期は12円)に大幅増額修正した。