5月23日 今が買いの上昇が期待銘柄

FRONTEO <2158>
連日の年初来高値更新で2016年5月以来2年ぶりとなる1200円台を一時回復した。同社は米国での訴訟支援を展開、独自開発した人工知能(AI)エンジン「KIBIT」を活用したビッグデータ解析事業が業績に寄与している。22日取引終了後、ヘルスケア産業向けに開発した人工知能「Concept Encoder」の基礎技術について、子会社を通じ日本で特許査定を取得したことを発表、これが株価を強く刺激している。

アスクル <2678>
東海東京調査センターが22日付で投資判断「アウトパフォーム」、目標株価4000円で新規にカバレッジを開始したことが好材料視されているようだ。同センターによると、同社は17年2月に発生した「ASKUL LogiPARK首都圏」の火災の影響で18年5月期は一時的に経費負担が重くなったが、19年5月期はLOHACOの成長回復、BtoB事業の成長継続、一過性の経費負担がなくなることで、業績のV字回復が見込まれると評価。19年5月期は営業利益が過去最高水準に近づくと予想している。

西松屋チェーン <7545>
22日の取引終了後に発表した5月度(4月21日~5月20日)の月次売上高速報で、既存店売上高が前年同月比8.3%減と3カ月ぶりに前年実績を下回ったことが嫌気されている。5月は、育児・服飾雑貨でPBブランド「エルフィンドール」のレイン用品のほか、ベビーフードや衛生用品などの売り上げが好調に推移した一方、ゴールデンウイーク後半以降の天候不順で子供衣料、ベビー・マタニティー用品の売り上げが伸び悩んだ。なお、全店売上高は同3.4%減だった。

5月15日 今が買いの上昇が期待銘柄

任天堂<7974>
平成30年3月期(4月26日発表)の業績売上高+115.8%、営業利益+504.7%と急拡大。絶好調だ。平成31年3月期も増収増益を見込んでおり、増配の予定。投資家に対する利益還元にも意欲的だ。50000円の節目をうわ抜けすれば、一気に上値が軽くなる可能性が期待できる。

内外テック <3374>
18年3月期の連結経常利益は前の期比39.5%増の11.8億円に拡大して着地。続く19年3月期も前期比19.8%増の14.1億円に伸びる見通しとなった。今期も半導体需要の拡大基調が続くなか、半導体製造装置部品などの受注が伸び、16.7%の大幅増収を見込む。業績好調に伴い、前期の年間配当を25円→35円(前の期は20円)に増額し、今期も前期比15円増の50円に増配する方針とした。予想PERが14.1倍→11.4倍に低下し、割安感が強まった。

Vテク <7717>
18年3月期の連結経常利益は前の期比2.3倍の123億円で着地。続く19年3月期も前期比31.0%増の162億円に拡大し、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期も中国をはじめとする海外大型ディスプレー関連の旺盛な設備投資需要を背景に、液晶・有機ELディスプレー製造・検査装置の販売が拡大し、24.1%の大幅増収を見込む。併せて、今期の年間配当は前期比50円増の320円に増配する方針とした。

5月1日 今が買いの上昇が期待銘柄

免疫生物研究所<4570>
診断・試薬、検査事業を手掛ける。遺伝子組換えカイコ事業、化粧品関連事業等も展開。新規治療薬シーズの開発等を積極化。診断・試薬事業は堅調。抗体関連試薬、受託サービスは国内外で順調。18.3期3Qは損益改善。
アステラス製薬との共同研究契約を終了。18.3期通期損益は期初計画から改善する見通し。減価償却費負担の軽減、自社製品の販売割合増が寄与。テーマ性が下支え要因だが、当面の株価は短期物色主体の展開が継続か。

アートスパークホールディングス <3663>
118年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益が前年同期比50.4%増の2億円に拡大して着地したことが買い材料視された。
車載機器向けUI開発ソリューションをはじめとする自社IP製品の売り上げが拡大し、UI/UX事業の営業損益が前年同期の1008万円の赤字→5242万円の黒字に急浮上したことが寄与。上期計画の300万円をすでに66.7倍も上回っており、業績上振れを期待する買いが向かった。

<3653> モルフォ
一時3765円まで下落して昨年来安値を更新した。17年11月-18年1月期(第1四半期)決算を発表している。売上高が前年同期比4.6%増の5.26億円となる一方、営業利益は同45.7%減の1.00億円で着地した。研究開発費や販売手数料の増加などが影響したもよう。18年10月期の通期業績については、営業利益で前期比11.2%増の9.00億円とする従来予想を据え置いている。

4月27日の今買う大化け株

<4287> ジャストプラ
子会社のプットメニュー(東京都大田区)とボクシーズ(東京都千代田区)がケンタッキーフライドチキンの2店舗にオーダーシステム「Putmenu(プットメニュー)」を試験導入すると発表している。26日から新宿南口店と池袋サンシャイン店で利用できる。Putmenuはテーブルや部屋をIoT化し、スマートフォンでメニューを選び、料理ができあがると注文したスマホに知らせるシステム。

正興電機製作所<6653>
同社は24日の取引終了後に発表した第1四半期(1~3月)連結決算が、売上高57億9100万円(前年同期比14.2%増)、営業利益4億9100万円(同74.0%増)、純利益3億2700万円(同77.4%増)と大幅営業増益となり、上期計画の4億5000万円を上回ったことが好感されている。電力会社向け配電設備関連製品の増加や電力システム改革に対応した情報制御システムなどが堅調に推移し、電力部門が急拡大したことが牽引役となった。また、ヘルスケアシステム分野で介護認定制度改正に伴うシステム更新需要が増加したことも寄与した。

鉄建建設 <1815>
18年3月期の連結最終利益を従来予想の37億円→56.3億円に52.2%上方修正。従来の7.5%減益予想から一転して40.8%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。手持ち工事が順調に進捗する中、土木工事の採算が向上したことが寄与。営業外収支の改善に加え、税金費用の低減も最終利益を押し上げた。業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の50円→75円に大幅増額修正した。

明日3月27日の今買う大化け株

大光 <3160>
18年5月期第3四半期累計(17年6月-18年2月)の連結経常利益は前年同期比16.0%増の6億円に伸び、通期計画の9.1億円に対する進捗率は5年平均の52.4%を上回る66.8%に達した。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した3-5月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比3.4%増の3億円に伸びる計算になる。直近3ヵ月の実績である12-2月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比20.6%増の2.9億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の1.7%→1.8%とほぼ横ばいだった。

テクノスマート <6246>
18年3月期の年間配当を従来計画の16円→30円(前期は20円)に大幅増額修正したことが買い材料視された。
足もとの好調な業績や内部留保などを踏まえ、特別配当14円を実施する。今期最終利益は前期比37.3%増の9.5億円に伸びる見通し。権利確定日を明日に控え、配当取りを狙う買いなどが向かった。

<3653> モルフォ
急反落。一時3765円まで下落して昨年来安値を更新した。17年11月-18年1月期(第1四半期)決算を発表している。売上高が前年同期比4.6%増の5.26億円となる一方、営業利益は同45.7%減の1.00億円で着地した。研究開発費や販売手数料の増加などが影響したもよう。18年10月期の通期業績については、営業利益で前期比11.2%増の9.00億円とする従来予想を据え置いている。

3月26日の今仕込む急騰株

<2158> FRONTEO
前場に一時803円まで上昇する場面があった。3月22日引け後に米系運用会社のブラックロック・ジャパンが同社株式に係る大量保有報告書を提出しており、材料視されているようだ。報告義務発生日の3月15日時点において、共同保有者との合算で同社株式を191万7800株(保有割合5.04%)保有しているという。

キーウェアソリューションズ <3799>
22日、18年3月期の連結経常利益を従来予想の2億円→4億円に2.0倍上方修正し、増益率が40.8%増→2.8倍に拡大する見通しとなったことが買い材料視された。同社は社会インフラ関連のシステム開発を主力としている。足元の受注が好調で、売上が計画を上回ることが利益を押し上げる。業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の7円→8円(前期は5円)に増額修正したことも支援材料となった。

<1885> 東亜建
収益予想の上方修正を発表している。通期営業利益は25億円から28.5億円に、最終利益は8億円から17.5億円に上方修正。工事の採算性の改善に加えて、為替差損益の想定以上の改善などが背景となっている。第3四半期までの状況から上振れは想定線とみられるが、年間配当金予想も10円から20円に引き上げていることがポジティブなインパクトにつながっているもようだ。

3月22日の今仕込む急騰株

アイル<3854>
同社は中小企業向け中心にシステム開発を手掛け、人材派遣サイトなども運営。ブロックチェーンを活用した次世代クラウドサービスの開発に取り組んでいる点が注目され、にわかに頭角を現してきた。ブロックチェーン技術分野で先駆するシビラ社の独自ブロックチェーン「Broof(ブルーフ)」の運用も手掛けている。今7月期は営業利益段階で前期比20.4%増の5億2000万円と大幅増益基調が続く見通し。

シンシア <7782> 
20日、シンシア <7782> が発行済み株式数(自社株を除く)の10.20%にあたる70万株(金額で4億5000万円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は3月22日から12月20日まで。

セーラー万年筆 <7992>
14%を超える上昇で一気に300円台を回復する異彩の上げ足をみせている。高級万年筆が海外を中心に好調で業績は回復色を強めており、18年12月期営業利益は前期比7.8倍化の1億2500万円を予想、19年12月期も続伸が見込める。業績急改善を背景に「継続企業前提に関する注記」の記載も解消、産業用ロボット分野の商品競争力も高く超高速機開発に積極的に取り組んでおり、時価300円近辺は上値余地の高さが意識されている。

3月20日の今仕込む急騰株

ドーン<2303> 1779 +300(+20.28%)  03/19
商用ドローンが政府による規制緩和の前倒しで本格普及するとの思惑が、物色人気の背景にある。同社はGIS(地理情報システム)クラウドソリューションで業界に先駆、防災・防犯分野で使われる空間情報技術を提供するクラウドサービス分野でも実績を重ねている。きょうは全体相場が軟調ななか中小型材料株の下げもきつくなっているが、そのなかで異彩を放つ動きとなった。

フジコー <3515> 3845 +10(+0.26%) 03/19
18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比2.0倍の3億2400万円に急拡大し、通期計画の3億7500万円に対する進捗率は86.4%に達し、5年平均の44.0%も上回った。
会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比53.2%減の5100万円に大きく落ち込む計算になる。

<5758> FCM +700(+20.11%)  03/19
18年3月期業績予想の上方修正と期末配当の増額を発表している。営業利益見通しは従来の4.90億円から6.30億円(前期は2.86億円)へと引き上げた。昨年12月に続き2度目の上方修正となる。安定稼動による量産効果に加え、取り組みを進めてきた製品群の集約や人員配置の最適化も利益を押し上げる要因となっているようだ。期末配当予想は1株当たり56.00円から72.00円(同32.00円)に修正している。

3月8日の今仕込む急騰株

シュッピン <3179>
2月売上高は前年同月比16.0%増と18ヵ月連続で前年実績を上回った。

ジェイテックコーポレーション <3446>
日本再生医療学会総会において、回転浮遊培養システムによるヒトiPS細胞を長期継代培養したときにiPS細胞が安定して維持されるという研究成果を発表する。

プロパティエージェント <3464>
3月8日付で実施する1→2の株式分割後も株主優待制度を継続する。対象は100株以上保有株主を据え置く。優待品はクオカード3000円分。

LIXILビバ <3564>
2月既存店売上高は前年同月比0.1%増と2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

TSIホールディングス <3608>
2月既存店売上高は前年同月比1.6%増と2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

アイリッジ <3917>
スマートフォン向けO2Oソリューション「popinfo」のユーザー数が8000万を突破。